シミを薄くする 増やさない

今日から取り入れたい美肌・美白ケア

女性のお肌の悩みでTOP3に入るシミ。

シミ・そばかす・くすみ・・・このワードを見たり聞いたりするだけでテンションが下がってしまいます。

スキンケアやメイクは毎日のこと。

その度、鏡で自分の顔を見る時に目に付くのがシミやそばかす。

現実を知るのは大切でも、憂鬱なことには間違いないです。

出来てしまったシミ対策と一緒に、これ以上シミを増やさないために今できることをしていきたいですね。

これ以上シミを増やさないために今できることって何があるでしょうか?

今日から取り入れたい美肌・美白ケアをご紹介したいと思います。

紫外線対策

1年の中で紫外線が強いのは意外にも5〜7月。

気温が高くなってきてから紫外線対策をするのはちょっと遅いのです。

冬が終わり、春になる3月頃から紫外線の量はグッと増えてきます。

まだ暑くないから大丈夫と思っていると、あっと言う間に5月の紫外線の強い時期になってしまいます。

シミの原因になるUV-A派は、冬の3倍にもなります。

紫外線対策にかかすことのできない「日焼け止め」。

日焼け止めを上手に使い分けることで、肌を傷つけることなく美肌をキープすることができます。

日焼け止めには、紫外線を熱やエネルギーに変えて皮膚に浸透するのを防ぐ「紫外線吸収剤」と、紫外線を物理的に散乱・反射される「紫外線散乱剤」の2種類あります。

紫外線吸収剤は、化学反応が肌への刺激になりお肌の弱い方は肌荒れの原因になることも。

毎日使うものなので、なるべくなら肌に優しいタイプの紫外線錯乱剤タイプの日焼け止めを使用しましょう。

紫外線吸収剤フリー・紫外線吸収剤不使用・ノンケミカルと表記されていることが多いです。

紫外線対策は夏だけではなく、1年を通して徹底することが大切です。

美白化粧品でシミをできにくくする

毎日のスキンケアを美白化粧品にチェンジしましょう。

一緒に使いたいのが、美白美容液。

メラニン生成を抑えるアスタキサンチン・コウジ酸・アルブチンを配合した美白美容液など、シミ対策をしながら美肌効果もあるものがオススメです。

スペシャルケアで、シートマスクを使うのも良いでしょう。

シートマスクは、続けやすい価格で定期的にケアするのがオススメですよ♪

シミケアをしながら、1日の疲れを癒してくださいね。

体の内側からもシミ予防をしよう

今あるシミを薄くしながら、隠れシミを表面化させないためにも、抗酸化作用のある成分を積極的に摂取しましょう。

・抗酸化成分が多い食品…ホウレン草・アスパラ・トマト・なす・ブルーベリー・クランベリー・くるみ・アーモンド・鮭など

ビタミンC・ビタミンE・リコピン・βカロテン・アスタキサンチンなどが代表的な成分です。

食品から摂りいれるのが難しい場合は、サプリメントなどを活用しても良いですね。

今あるシミを薄くするための化粧品 メニュー

今あるシミを薄くするための化粧品 トップへ
シミを薄くするには
ハイドロキノン配合化粧品

美白成分の種類と説明
美白成分を知って透明肌になろう
美白化粧品を選ぶ3つのポイント
厚生労働省が認めた美白成分

今あるシミ対策
紫外線対策とできてしまったシミ対策
顔のシミを消す方法
これ以上シミを増やさないために気を付けたいこと