シミ対策 紫外線対策

上手に紫外線対策をする

シミの原因のほとんどは、紫外線の浴び過ぎと言われています。

日焼け止めクリームなどを利用してなるべく作りたくないですよね。

いくらキチンとお手入れや紫外線対策をしていても、うっかり日焼けしてしまうこともあります。

もし紫外線のみによるシミなら、時間がたつにつれて薄くなっていきます。

しかし、他の原因でできたシミに紫外線を浴びてさらに悪化した場合は、そのままにしておくと治らない場合があります。

とにかく、紫外線は浴びないように気を付けましょう。

紫外線対策として、日焼け止めクリーム・サングラス・スカーフ・帽子・日傘などのUVケアグッズを上手に使いましょうね。

顔だけでは不十分なので、体の他の部分の紫外線対策も必要です。

最近では、目に紫外線を浴びるとそれだけでメラニンが作られると言われています。

UV効果のあるサングラスを使用すると良いですよ♪

スキンケアは美白化粧品に切り替える

日焼け止めクリームは1円玉くらいの大きさで十分かなと思いがちです。

適切な量は500円玉くらいの大きさでたっぷりと塗ること!

紫外線のあたりやすい額・鼻・頬骨・こめかみなどは2度塗りをすることも大切です。

これ以上シミを増やさないために、スキンケアは美白化粧品に切り替えることも忘れずに!

美白化粧品は、ケチらずにたっぷりと使いましょうね。

シミがある部分は特に念入りに!

美白のためのスキンケアはは、高いイメージがあるのでちょっとずつ使いがち。

もったいなと思いながら少しずつ使うと、効果が半減しシミは薄くならないです。

体の内側からもシミ対策をする

紫外線対策とスキンケアで体の外側からのシミ対策をするのと同時にしたいことは、体の内側からもシミ対策をすることです。

食事の中から積極的に摂取したいのは、ビタミンCです。

ビタミンCは、メラニンが作られるのを抑える効果やできてしまったメラニンを薄くする効果もあります。

ビタミンCは1日に1500r摂取すると良いとされています。

ただし、体内にとどめておくことができない成分なので毎日摂ることが必要です。

1度に大量に摂取してもあまり意味がなく、1日に何回かにわけて摂取すると良いですね。

ビタミンCは不安定なので、水や空気、熱に弱い成分になっています。

加熱調理などをせずに、生野菜やフルーツで効率よく摂取しましょう。

野菜や果物が苦手・・・という方にはサプリメントという方法もあります。

サプリメントなら手軽に始められそうですね。

体の中と外からシミ対策をして、透明感のあふれる美肌を手に入れましょう。

今あるシミを薄くするための化粧品 メニュー

今あるシミを薄くするための化粧品 トップへ
シミを薄くするには
ハイドロキノン配合化粧品

美白成分の種類と説明
美白成分を知って透明肌になろう
美白化粧品を選ぶ3つのポイント
厚生労働省が認めた美白成分

今あるシミ対策
紫外線対策とできてしまったシミ対策
顔のシミを消す方法
これ以上シミを増やさないために気を付けたいこと