シミを薄くする ハイドロキノン配合化粧品

肌の美白の即効性を求めるのであればハイドロキノン配合化粧品を選ぶ

今あるシミ対策には、シミを消すためには「メラニン還元作用」という働きを持つ美白成分が配合されてる化粧品を選ぶ必要があります。

「メラニン還元作用」という働きを持つ美白成分とは、

・ビタミンC誘導体

のことでした。

そしてさらに肌の美白の即効性を求めるのであれば、ハイドロキノン配合化粧品を選ぶ事をおすすめします。

ハイドロキノン配合化粧品で人気、オススメ出来る化粧品としては、

アンプルール
ビーグレン

の2つがあります。

より低刺激で肌に優しい商品を選ぶのであれば、皮膚科医が開発した、妊娠中の妊婦さんでも使用が可能なアンプルールを。

浸透力で選ぶのであれば、国際特許の浸透技術を使用しているビーグレンをおすすめしたいと思います。

他にはハイドロキノン配合化粧品として、

・ブライトニングナイトセラム オバジ
・セルファーマHQスティック
・エピステーム HQブライトコンセントレイトa(バーム状美容液)
・キノンクリーム5% ドクターセレスキン
・HC-119 5% ドクターシーラボ
・ナノHQクリーム プラスリストア
・リッチHDQクリーム トリコプラチナム

などがあります。

「お肌の漂白剤」と呼ばれるハイドロキノンはなぜ、それほどシミを薄くする、シミを消す効果が期待できるのでしょうか。

まとめてみたいと思います。

ハイドロキノンが美白に効果的な理由

美白化粧品といっても、

・これからのシミを予防する働き
・今あるシミを薄くする働き

と2つの種類があります。

市販されている美白化粧品の多くは、これからのシミを予防する働きがメインとなっています。

ハイドロキノンがなぜ美白に効果的かというと、ハイドロキノンの働きとして、

・メラニンの合成を阻止
・チロシナーゼ酵素の活性を抑える
・できてしまったメラニンを還元し取り除く効果がある

ためです。

多くの美白成分には「きてしまったメラニンを還元し取り除く効果」が無いため、すでに発生してしまったメラニンを取り除くことが出来ないということになります。

そしてハイドロキノンの歴史は古く、医療分野でも古くから治療に利用されてきた成分となります。

ただし効果が強力なため、配合量が多過ぎたり使用方法を誤ると肌の一部が白くなる白斑という肌トラブルを招く危険性が指摘されています。

そのため、一定量以下での配合が定められています。

一般的に購入できる美白化粧品は、定められたハイドロキノンの配合量となっています。

注意すべきは輸入品などですね。

アンプルール
ビーグレン

の2つをおすすめしていますが、どちらも使用する分には問題の無いハイドロキノン配合量となっています。
ただし、肌に合う、合わないなどはありますからパッチテストは行ってくださいね)

今あるシミを薄くするための化粧品 メニュー

今あるシミを薄くするための化粧品 トップへ
シミを薄くするには
ハイドロキノン配合化粧品

美白成分の種類と説明
美白成分を知って透明肌になろう
美白化粧品を選ぶ3つのポイント
厚生労働省が認めた美白成分

今あるシミ対策
紫外線対策とできてしまったシミ対策
顔のシミを消す方法
これ以上シミを増やさないために気を付けたいこと