シミを薄くする 美白成分

実際に美白の効果を持つ成分として認められている成分は約20種類

厚生労働省が認めた美白成分はどのようなものがあるのでしょうか。

たくさんの種類がある美白成分ですが、実際に美白の効果を持つ成分として認められているのは20種類くらいになるそうです。

美白化粧品を購入する際に参考にしてみてくださいね。

・プラセンタ
豚の胎盤から取れる美肌成分。
肌の新陳代謝を高めることで、美白効果を発揮します。

・アルブチン
コケモモ・洋ナシなどから抽出された成分。
αとβの2種類に分かれていて、αの方が高い効果が期待できると言われています。

・エラグ酸
いちごやザクロなどに含まれる天然ポリフェノールの一種になります。
抗酸化作用が非常に高くなっています。
メラニンの発生を抑制してくれます。

・ルシノール
POLAが開発した成分。
天然の植物を改良した製品なので、低刺激で副作用が少なくなっています。
メラニンの生成を抑制し、シミ対策にも効果を発揮します。
化学名は、「4-n-ブチルレゾルシノール」。

・ビタミンC誘導体
ビタミンCを皮膚に浸透しやすいように安定した形にしたもの。
体内に入るとビタミンCに変化する物質で、高い抗酸化作用があり、コラーゲンの生成促進にもなります。
アンチエイジングや、ニキビ跡の治療などにも効果があります。

・カモミラET
カミツレという植物から抽出された、花王が独自に開発した美白成分。
メラニン色素を生み出す指令を出しているエンドセリンからの働きをブロックして、紫外線を浴びたことを無かったことにしてくれます。

・トラネキサム酸
人工的に合成された薬用のアミノ酸。
止血剤として医療現場で使われていました。
肝斑の原因である女性ホルモンを抑制する働きがあります。
内服薬は副作用が出ることもあるので、経過を見ながら使用しましょう。
肌に使用する時には、吸収される量が少ないので副作用の心配はないようです。

・t-シクロアミノ酸誘導体
卵黄や大豆から抽出された天然の界面活性剤になります。
プロスタグランジンの生成を抑えて、シミの発生を予防してくれる成分。

・リノール酸
紅花油から抽出される必須脂肪酸になります。
チロシナーゼを抑制し、酵素の分解促進の働きをする効果がある。
新しいシミができないように予防することと、今あるメラニンを排除する働きがある。

・マグノリグナン
モクレン科の植物の皮などに多く含まれている「フェノール性二量体」という天然ポリフェノール成分です。
チロシナーゼ抑制効果がある。

今あるシミを薄くするための化粧品 メニュー

今あるシミを薄くするための化粧品 トップへ
シミを薄くするには
ハイドロキノン配合化粧品

美白成分の種類と説明
美白成分を知って透明肌になろう
美白化粧品を選ぶ3つのポイント
厚生労働省が認めた美白成分

今あるシミ対策
紫外線対策とできてしまったシミ対策
顔のシミを消す方法
これ以上シミを増やさないために気を付けたいこと