シミを薄くする 美白化粧品

自分のシミに合った成分が配合されている美白化粧品を使用するのが理想

いざ美白を始めようと思っていても、たくさんある美白化粧品からどのように選んだら良いのか悩んでしまいますよね。

顔のシミと一言でいっても、いろいろな種類があるので自分のシミに合った成分が配合されている美白化粧品を使用するのが理想です。

ただ、肌のタイプは人それぞれ。

普通肌・乾燥肌・オイリー肌・混合肌・敏感肌などがあります。

美白の目的も人それぞれになると思います。

今はくすみやシミはないけれど、これから出るシミ予備軍のために美白ケアをする。

ぽつぽつとシミがあるので美白ケアをしたい。

肝斑やそばかすを消したい。

など様々なことがあります。

美白化粧品も、お肌に合う合わないなどがあると思います。

ではどのようにして美白化粧品を選ぶといいのでしょうか。

美白化粧品を選ぶ際に大切になるポイント

【POINT・1】美白化粧品に求めるポイントを絞る
「美白をしたい」と思っても、どんなことをしたいのかというポイントを絞ることが重要です。
例えばシミの場合は、シミを今より薄くしたいのか、完全になくしたいのか。
ニキビが悪化してできたニキビ跡のシミが気になる・・・など。
また、美白化粧品では薄くしたり消したりできないシミは、医師の治療が必要な場合もあります。
自分のシミタイプを知って、「美白化粧品でどのような悩みを解決したいのか」ということもポイントになります。

【POINT・2】美白成分で選ぶ
まずは、美白成分がしっかりと入っていることを確認しましょう。
肌のホワイトニングや美白と書いてあっても、美白成分が入っていない場合もあるそうですよ。
美白成分と言ってもいろいろとあります。
代表的な成分が、ハイドロキノンン・ビタミンC誘導体・アルブチン・ルシノールなどがあります。
ハイドロキノンはお肌の漂白剤と言われているので、効果がかなり期待できるのではないでしょうか。
シミやくすみはお肌の奥からアプローチすることが大切です。
お肌の角質層まで届くほどの浸透力が高いものを使用するようにしましょう。

【POINT・3】医薬部外品であること
医薬部外品とは、厚生労働省が認めた成分が含まれているものになります。
化粧品の容器に「薬用」とか「医薬部外品」と表記されています。
何と言っても、効果が期待でき、安心感がありますよね。
医薬部外品は、医薬品と化粧品の間に位置するものなので、化粧品よりも効果があるのではないでしょうか。
美白化粧品を選ぶ時には、厚生労働省が認可した美白成分が入ったものを選ぶのが、安心して効果を期待できますね。

今あるシミを薄くするための化粧品 メニュー

今あるシミを薄くするための化粧品 トップへ
シミを薄くするには
ハイドロキノン配合化粧品

美白成分の種類と説明
美白成分を知って透明肌になろう
美白化粧品を選ぶ3つのポイント
厚生労働省が認めた美白成分

今あるシミ対策
紫外線対策とできてしまったシミ対策
顔のシミを消す方法
これ以上シミを増やさないために気を付けたいこと