シミを薄くする 美白成分

美白成分には2種類ある

いつの日か突然現れる顔のシミ。

1つ見つけただけで、気持ちが落ち込んでしまいますよね。

お肌のシミやそばかす、くすみは年々増加してくるものです。

若い頃、部活やイベント、アウトドアなどで日焼けをしてしまった時のメラニン色素が肌表面に出てきてしまい、シミ・そばかす・くすみなどからお肌の透明感を取り戻すには美白成分が配合された化粧品でのお手入れが欠かせません。

美白の成分は色々とありますが、自分の肌質に合うものを使うのがオススメです。

美白には、1種類ではなく2種類あると言われています。

1つ目は、「今あるシミを改善するもの(漂白・還元)」。

2つ目は、「これからできるシミを予防するもの(予防)」。

美白を目指すのであれば、今あるシミの改善と同時にこれからできる予定の隠れシミに効果のあるスキンケアを使う必要があります。

それぞれのシミに効果のある成分はどんな物があるのでしょうか。

【今あるシミを改善する成分】
・ビタミンC誘導体
・プラセンタエキス
・ハイドロキノン
・エナジーシグナルAMP
など。

【これからできるシミを予防する成分】
・アルブチン
・エラグ酸
・ルシノール
・トラネキサム酸
・リノール酸
・コウジ酸
など。

これらの美白成分は、ほんの一部なんです。

調べるとたくさんの種類があるんですよ!

化粧品メーカーが開発した美白成分などもあるので、興味のある方は一度徹底的に調べてみてくださいね♪

自分の肌状態に合わせて美白成分を選ぶ

美白に効くという成分はたくさんあります。

それぞれの成分の特徴や効果、自分の肌状態と合わせて検討し、美白成分を選びましょう。

お肌にトラブルがなく、早くシミを消したい時にはハイドロキノンやビタミンC誘導体が高濃度で配合された化粧品を。

お肌の乾燥や肌の弱い敏感肌ならば、肌への刺激が少なく保湿や美白にも効果があるプラセンタ、というように今の肌状態や美白の目的に合った成分を選択しましょう。

美白化粧品は、美白効果を出すためにお肌への浸透力が高く作られているそうです。

また美白成分には、刺激が強いものがあり、お肌が弱い方や弱っている状態で使用すると肌トラブルを招いてしまうことも。

赤くピリピリしたり、かぶれや痒みなどの問題が出たら使用を中止し、皮膚科の医師に相談してくださいね。

今あるシミを薄くするための化粧品 メニュー

今あるシミを薄くするための化粧品 トップへ
シミを薄くするには
ハイドロキノン配合化粧品

美白成分の種類と説明
美白成分を知って透明肌になろう
美白化粧品を選ぶ3つのポイント
厚生労働省が認めた美白成分

今あるシミ対策
紫外線対策とできてしまったシミ対策
顔のシミを消す方法
これ以上シミを増やさないために気を付けたいこと