シミを薄くする 化粧品

今あるシミを薄くしたい方のための化粧品

出来てしまった顔のシミ。

今あるシミを薄くしたい方のための化粧品に関して、情報を掲載しています。

シミを薄くしたい方、出来てしまったシミを目立たなくしたい方はご覧ください。

シミ対策化粧品、美白化粧品といっても目的によって選ぶべき化粧水、美容液は違ってきます。

今あるシミを薄くしたいのか。
これから出来るしみを予防したいのか。

さらに、肌が強い方、敏感肌の方でもおすすめシミ対策化粧品は違ってきます。

特に敏感肌で肌が弱い方は、効果が高い化粧品だったとしても使用することで肌荒れ、赤み、かぶれ、といった肌トラブルを引き起こすこともありますから、できるだけ低刺激で肌に優しいシミ対策化粧品を選ぶ必要がありますよね。

シミを消すには、それなりに高価なシミ対策美容液などを使う事が必要です。

低価格、プチプラで効果のあるものを求めている方もいらっしゃいますが、やはり思ったほどの効果は期待できないと言って良いでしょう。

美白化粧品、美容液としておすすめがいくつかあります。

・SK2 ホワイトニング スポッツ スペシャリスト
・SK2 セルミネーション エッセンス
・ポーラ ホワイトショット
・資生堂 シミ美白化粧品 HAKU

など。(他にもまだありますので、後日改めて掲載したいと思います)

しかし、今あるシミを薄くするためには、美白成分に注目することが必要です。

・ビタミンC誘導体
・ハイドロキノン

といった美白有効成分が配合されている事が重要です。

数ある美白有効成分の中でも、高い効果が期待できるのがハイドロキノンです。

ハイドロキノン配合化粧品として人気が高いのは、

アンプルール
ビーグレン

の2つです。

アンプルールは、敏感肌の方へもおすすめです。
後ほど掲載していますが、妊娠中の妊婦さんでも使えるほど肌への優しさにもこだわった美白化粧品となります。

値段的にもおすすめかなと思います。

ビーグレンも高い効果が期待できる美白化粧品です。
口コミなどでも高い評価を得ていますが、肌への優しさ、低刺激で言うと、アンプルールをおすすめしたいです。

どちらもハイドロキノン配合化粧品として人気の美白化粧品です。

今あるシミを薄くする効果が期待できますのでシミが気になる方は試してみてはいかがでしょうか。
(低刺激な化粧品も、パッチテストされる事をおすすめします)

妊娠中・妊婦さんでも使える肌に優しい美白化粧品

また、妊娠中・妊婦さんの方もいつも以上にシミ対策、美白が気になる方も多いと思います。

妊娠するとホルモンバランスがいつもと異なる状態になるため、その影響でシミやソバカスが出来やすくなる方がとても多いんです。
(実際にシミが沢山出来てしまって困っている方は多いです)

そのため普段以上にシミ対策、紫外線対策には気を遣って頂きたいと思います。

妊娠中の妊婦さんでも使えると公式サイトで表記がある美白化粧品として、以下の2つをおすすめいたします。

アンプルール

アンプルールは皮膚科医・開発者でもある高瀬聡子氏が実際にご自身で妊娠中に使用していたそうです。

赤ちゃんへの悪影響が無いように改良した『新安定型ハイドロキノン』を配合。
いつも以上にシミに気を遣う必要がある妊婦さんにこそ、おすすめです。

ピンポイント気になるシミをで1点集中美白、さらには顔の面全体を明るくするW美白。
点と面、Wで攻める美白化粧品です。

今あるシミを薄くするためには、ハイドロキノンのような成分が配合されていると効果が期待できます。

・ディセンシア サエル

ディセンシア サエルも妊娠中の使用がOKと明記された美白化粧品になります。

妊娠中で美白化粧品の使用を諦めてしまった方は、ぜひ試してみてください。
「安心して美白を実感したい」
方へおすすです。

サエルが使用している美白有効成分は、安全性が厚生労働省に認められた「ビタミンC誘導体」「アルブチン」等です。

1点の「シミ」と顔全体の「くすみ」にダブル対応している所も、ディセンシア サエルをおすすめするポイントです。

以上2つの美白化粧品を妊娠中の妊婦さんでも使える、肌に優しい低刺激なおすすめ美白化粧品としてご紹介しました。

今あるシミを薄くするための化粧品 メニュー

今あるシミを薄くするための化粧品 トップへ
シミを薄くするには
ハイドロキノン配合化粧品

美白成分の種類と説明
美白成分を知って透明肌になろう
美白化粧品を選ぶ3つのポイント
厚生労働省が認めた美白成分

今あるシミ対策
紫外線対策とできてしまったシミ対策
顔のシミを消す方法
これ以上シミを増やさないために気を付けたいこと